3Dプリンタでスピーカーエンクロージャーの製作

Share on:

3Dプリンターを使ってPeerless PLS-P830985用のスピーカーエンクロージャーを作ってみました。

スピーカーユニットをノギスで測りながら3Dモデル化して、そのモデルに合うようにエンクロージャーのモデルを作成しました。参考にしたデザインはタイムドメインのミニです。

小さいスピーカーユニットで低音があまり出ないと思ったのでバスレフタイプとしました。

背面にはケーブル用の端子を付けています。

プリントの設定をミスったからか、積層ずれを起こしてしまいスピーカーユニットの取付面が傾いてしまいました。

プリントがうまくいかなかったので吸音材無しで組んでみましたが、意外といい音でした。もっとうまく作れば普通に常用できるレベルのものになりそうです。

関連記事