StravaのJSONデータをChart.jsに表示してみる

2021/08/11 categories:Javascript| tags:Javascript|Chart.js|Strava|

Stravaのアプリで記録したアクティビティのデータのJSONデータを、Chart.jsを使ってブラウザ上に表示してみました。

使用するデータは下記の画像の通り、Stravaのサイトのアクティビティのページからオリジナルをエクスポートを選択することでダウンロードできます。オリジナルはアクティビティを記録したデバイスに依存していて、Stravaのアプリで記録した場合はStravaのJSONがダウンロードでき、GARMINのデバイスで記録した場合はGARMINのfitデータがダウンロードできます。今回はStravaアプリでアクティビティを記録したのでJSONデータがダウンロードできます。

ダウンロードしたJSONデータは以下の画像のようなjsファイルとして書き換えました。ローカルでhtmlファイルを開いて表示を確認する場合はjavascriptでJSONデータをどのように読み込むかが問題になりますが、今回はJSONデータの先頭にwindow.JSON_DATA = という記述を追加して.jsという拡張子で保存することで、JSONファイルをjavascriptのデータとして扱えるようにしました。

javascriptでは先ほどのデータを時間と距離、時間と速度、時間と高度というデータに分けることでグラフとして表できるようにしています。横軸を時間軸、縦軸を距離、速度、高度の3種類としてChart.jsで表示してみた結果は下記画像の通りです。

ソースコード

html

<!DOCTYPE html>
<html>

<head>
    <meta charset="utf-8">
</head>

<body>
    <div class="layout">
        <article class="content">
            <div class="chart-js">
                <canvas id="chart"></canvas>
            </div>
        </article>
    </div>
    <script src="Chart.min.js"></script>
    <script src="strava_json_data.js"></script>
    <script src="json_to_chart.js"></script>
</body>

</html>

javascript

data = window.JSON_DATA
start_time = data.time[0]
elevation = []
speed = []
distance = []

for (var i = 0; i < data.time.length; i++) {
    elevation.push({ x : data.time[i], y : data.elevation[i] })
    speed.push(    { x : data.time[i], y : data.speed[i] })
    distance.push( { x : data.time[i], y : data.distance[i] })
};

function data_set(label, y_id, color, data){
    return {
        label: label,
        xAxisID: 'x-axis-1',
        yAxisID: y_id,
        borderColor: color,
        backgroundColor: color,
        fill: false,
        pointRadius: 0,
        showLine: true,
        lineTension: 0,
        borderWidth: 2,
        data: data
    };
};

var ctx = document.getElementById('chart').getContext('2d');
window.myChart = Chart.Scatter(ctx, {
    data: {
        datasets: [
            data_set("elevation", "y1", "#FF0000", elevation),
            data_set("speed", "y2", "#00E000", speed),
            data_set("distance", "y3", "#0000FF", distance)
        ]
    },
    options: {
        responsive: true,
        hoverMode: 'nearest',
        intersect: true,
        title: {
            display: true,
            text: 'Activity data'
        },
        scales: {
            xAxes: [{
                scaleLabel: {
                    display: true,
                    labelString: "time",
                },
                position: 'bottom',
            }],
            yAxes: [{ 
                type:'linear', 
                display:true, 
                position: 'left', 
                id:'y1', 
                scaleLabel:{ display:true, labelString:"elevation", fontColor:"red" },
                ticks: { fontColor: "red" }
            }, { 
                type:'linear', 
                display:true, 
                position:'right', 
                id:'y2', 
                scaleLabel:{ display:true, labelString:"speed", fontColor:"green" },
                ticks: { fontColor: "green" }
            }, { 
                type:'linear', 
                display:true, 
                position:'right', 
                id:'y3', 
                scaleLabel:{ display:true, labelString:"distance", fontColor:"blue"},
                ticks: { fontColor: "blue" }
            }],
        }
    }
});

Share post

Related Posts

Comments

comments powered by Disqus