3Dプリンタでスパイラルなバックロードバスレフスピーカーを作ってみた

Share on:

以前作ったスピーカーエンクロージャー用のバスレフポートを作りました。使用しているスピーカーユニットはPeerless PLS-P830985です。

スピーカーエンクロージャーの底にはM40のねじが切ってあるので、そこに付けられるような形状にしました。

3Dプリンタで作るのでせっかくなら作りにくい形状にしたいと思い、バックロードバスレフにスパイラル形状を組み合わせる形にしました。

コンパクトなスピーカーにしたのでスパイラルの長さは500mm程度です。

このバスレフポートを付けると多少低音が強調されるのが感じ取れます。常用している音量では劇的な変化が無いので密閉型でもいいかなと思いますが、スピーカーを高い位置にすることが出来たのでその点ではいい効果が得られたと思います。とりあえずこれでスピーカーは完成です。

3Dモデル

3DモデルのSTEPデータをGRABCADにアップロードしました。

関連記事